合格者の声

公務員(地方上級、市役所、国家一般職、警察・消防官)

第2期4月期生
平成26年度採用試験 滋賀・愛荘町、国税専門官に合格

羽田幸香さん 同志社大学法学部4年

合格したいまの気持ちをお聞かせください
昨年夏に国税局から合格内定はいただいていましたが、正直、税務業務は自分に向いていないと考え、住民との直接行政が実現できる市役所や町役場の受験を続けてきました。いろんな自治体にチャレンジした結果、昨年12月25日にようやく滋賀県・愛荘町に合格することができ、自分の人生にとっても最もうれしい体験になりました。
今西塾を受講した理由は?
論文が苦手だったからです。じつは公務員試験のための大手就職予備校にも通っていましたが、論文講義がわずか5回程度と少なく、その内容自体も十分に納得できるものではありませんでした。そんな折、論文と面接を重点的に指導してもらえる今西塾の存在を知り、まず入塾説明会に参加してすぐに入塾を決めました。
実際に受講していかがでしたか
毎回、授業のあとで90分間、与えられたテーマについて論作文を書かなければならないので、限られた時間のなかでどう対応すればいいのかが次第にわかるようになりました。とくに全体の構成や盛り込むべき素材の選び方のコツがつかめたことが大きいと思います。本番では、どんな課題が出ても授業で教わったテンプレートに沿って対応することができました。
模擬面接は役に立ちましたか
とても役立ちました。とくに「受け答えは、自分自身が取材を受けているようなつもりで」「自分のアピールポイントはどこにあるのか」など、実践に沿ったアドバイスをいただき、本番でも大いに効果を発揮したと思います。
第一線の公務員に仕事内容ややりがいを語っていただく特別講義は
役に立ちましたか
大阪府茨木土木事務所地域支援・企画課兼事業管理室の梶間千晶・主査による特別講義で、公務員の現場の生の声を聞くことができたのがよかったと思います。現実は自分が想像しているものとは違うということも実感し、仕事への世界観が広がりました。
どんな公務員になりたいですか

住民の方々に喜んでいただける仕事がしたいですね。その一つが、町の子育て支援対策に関わることです。また、町の活性化事業にも興味があり、第6次産業の活性化を促進する政策にも積極的にアイデアを出していきたいと思います。

【2015年3月掲載】
※ 掲載内容は取材時のものです。

 前の記事へ

  • 塾長ブログ コースのポイントを日々紹介
  • 受講特典:第一線で活躍するジャーナリスト、公務員、業界OBらを招いた特別講義を予定
  • 合格者の声
  • 塾生徒募集
  • ライターズオフィス Polaris
  • Facebook

大阪市内の街並みイラスト